So-net無料ブログ作成
QLOOKアクセス解析

クローザー キャサリン妃 画像 [事件]

スポンサーリンク




クローザーにキャサリン妃のほにゃらら画像が掲載されて、

イギリス王室も非常にぴりぴりした状態になっているようですね。

18日には、フランスの裁判所が王室の主張を認め、

クローザー誌に対して賠償金の支払いを命じました。
001.gif


この件が明るみになった当初は、

賠償金は320万円ぐらいになるのではないかと言われていて、

ずいぶん安いもんだなと思ったんですが、

今回フランスの裁判所が支払いを命じた金額は20万円



ん?桁がいくつか違わない?

と思うような金額ですが、これで王室も納得したんでしょうか。

ちなみに、裁判所が命じた条件はその他にもあって、
今回の写真を24時間以内に王室に引き渡すこと。

写真を誌面やインターネットに掲載しないこと。

引き渡しが遅れた場合は、1日あたり約100万円の賠償をしはらうこと。

というものになっていますが、出版社としても安くついたという

印象なんじゃないかなと思うような結果です。



ちなみに、今回トップほにゃらら画像を掲載した雑誌は3つあって、

そのうちフランスの「チー」という雑誌は、

特集記事を組んで、その中で整形外科医による

キャサリン妃のおっぱい鑑定をしているとのこと。

02 16-42-46.gif

思い切った悪ふざけでいっそ清々しい感じですが、その鑑定の結果が
彫刻のような美しい体つきですが、素晴らしい胸とは言えませんね

だそうで。

・・・あー言っちゃったか。

なんと言うか、そう、確かにあんまりな感じで、

陽に当てすぎたせいでしなびちゃったのかなと

ぼんやり考えてたりしたんですが、

整形外科的に見るとそんな感じなんですね。


まーそのおっぱいに関しては、

Kate Middleton Topless Photos

あたりで検索したらいくらでも出て来るので、

検査してもらうことにして。

https://www.google.co.jp/search?q=Kate+Middleton+Topless+Photos



今回のことで、クローザーが受けた処分は上記の通りですが、

この他に、アイルランドのアイリッシュ・デイリー・スター

廃刊がきまったようです。

また、担当の編集者は、調査期間中は停職処分とのこと。
「彼女は王子と結婚し王室入りした。世界の中で最もパパラッチに狙われている一人になったんだ。そんな彼女が、公衆道路から見えるバルコニーで服を脱ぎ、写真を撮られてしまい、唖然としている。それだけのことだろう」

とインタビューで答えていました。



確かに、キャサリン妃ももうちょっと気をつけなよ

思わないでもないですが、しかし撮るなよということで。

ちなみに、今回写真を撮ったとされるパパラッチ、

ヴァレリー・スオウという名前らしいですが現在行方不明とのこと。


ちなみに、どういう状況で撮られたかというと

こんな感じ。

0012.jpeg

まー確かに公道からでも見えるかもしれん 笑

ただし超望遠で 笑

撮ったヴァレリー・スオウはどうやらこの人。
001.jpeg

どこ隠れてる 笑


で、これはどうやってパパラッチしてるかという解説映像

こりゃーうかうかできないですね。



スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
QLOOKアクセス解析

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。