So-net無料ブログ作成
QLOOKアクセス解析

山中教授 高校 [ニュース]

スポンサーリンク




EXP=1349870558.jpeg



「他の医師が20分で終る手術に2時間かかっていた」

「点滴を上手にさせなかった」

「山中をもじってジャマ中と呼ばれていた」


今回ノーベル賞を受賞することが決まった、山中教授の研修医時代のことです。


こんな経歴、驚きですね。


他にも野球をやっている頃には1割バッターであったり、

ノーベル賞を受賞することが決まった電話があったときには
洗濯機がうるさいから様子を見ていたりと、

なんだか微笑ましい山中教授です。


こんな人柄のお陰で、山中教授は周囲の人にとても愛されているようです。


華やかな受賞の裏には、
大変なことを乗り越えてきた経歴と、発見と、
周囲の人たちの支えがあったのですね。


周囲の人たちの支えがなくならなかったのは、
ここで挙げたように山中教授の明るい性格があったからでしょうね^^


山中教授、研究所のみなさん、おめでとうございます。


山中教授は母校は大阪教育大学付属高等学校天王寺校舎と、

神戸大学医学部を卒業した後、国立大阪病院に研修医として勤務していました。


もっと自分にできることがあると、研究に身を転じ、

カルフォルニア大学、
大阪市立大学医学部、
奈良最先端科学技術大学院大学
京都大学IPS細胞研究所


などで教授として研究の日々を送っていたとのこと。


なんだか、いろんな所から山中教授の微笑ましいエピソードが出てきそうですね^^


山中教授が研究した京大
EXP=1349870586.jpg


スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
QLOOKアクセス解析

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。